妊婦の看護師が仕事をする場合の注意点

結婚をして妊娠される看護師でも仕事をしている女性がいます。 中には妊娠したらすぐに離職される人もいます。 けれども看護師の場合は出産直前まで仕事をするパターンが多いみたいです。

ここでは、妊婦の看護師が仕事をする場合の注意点をご紹介しておきましょう。 看護師は1日中立ち仕事になりますから負担も大きいですからご自分の健康に注意をしましょう。 人命に直結する仕事なので精神的にも肉体的にも重労働です。

看護師の仕事は日勤だけではありません。 夜勤もあるし残業になるケースもあるでしょう。 多忙な場合は休憩もまともにとれません。 とりわけ妊娠初期は流産しないように身体を安静にしましょう。 妊娠していることを上司や同僚に話して、周囲の理解を得ることが大切です。 妊娠したことでマイナスになると思って隠しておいて仕事をするのは良くないです。

女性の妊娠に配慮している病院ならば交代勤務がない診療科目への異動をしてくれる場合もあります。 また法律によって申し出をすれば夜勤免除になることが定められています。

けれども、場合によっては職場の理解が得られないこともあります。 看護師の職場は女性中心ですが男性医師の個人クリニックや上司が男性の場合には男性が妊娠経験がないから理解得られないこともあるようです。

妊娠したことを伝えると嫌な態度をされる場合があります。 理解を得られない場合は退職する方が良いでしょう。 赤ちゃんとご自分の身体を最優先に考えましょう。 過酷な勤務を続けて無理をすることはやめたほうが賢明です。

女性ならば結婚・妊娠・出産は視野に入れておかなければなりません。 転職や就職する際に病院やクリニックに待遇確認をしておくと良いでしょう。 産休制度や復職もできるかなどは大切なポイントになります。

以上、妊婦の看護師が仕事をする場合の注意点をご紹介しておきました。 看護師は医療現場での仕事です。 一般の会社などと比較すると妊婦について理解得やすいですからまずは職場に確認することです。

このページの先頭へ