アレルギーのある人が脱毛する際の注意点

iライン脱毛サロン > アレルギーを持つ方の脱毛について

アレルギーを持つ方の脱毛について

アレルギー疾患がある方は、なにか新しいことを始めるにあたって不安になることはありませんか? 例えば金属アレルギーを持っている場合、何かを新しく始める場合、それが全く金属を使わないものかどうかわかりません。

わからない物には手を出さないようにすると、行動範囲が限られてしまいます。 それでもお洒落や身だしなみは女性としてきちんとしていたいですね。 では脱毛をする場合、アレルギー症状がでることはあるのでしょうか。

アレルギーは、急速に血管が膨張しひどい症状の場合は死に至るなど、決して甘く見てはいけません。 ですから金属アレルギーを持つ方は、カミソリでは脱毛できないのですが、すべての方法ができないというわけではありません。 むしろ、金属アレルギーの方にこそお店でのフラッシュ脱毛やレーザー脱毛を受けて頂きたいのです。

ですが紫外線に対してアレルギーを持っている方は、フラッシュ脱毛は不可能です。 紫外線アレルギー、つまり日光過敏症の方は、少量の紫外線でも肌にかゆみやあかみといった症状が現れます。 フラッシュ脱毛は、光を肌にあてて脱毛する方法ですので、アナフィラキシーショックの症状を引き起こしてしまう可能性があります。

特に医療機関で行われるレーザー脱毛は、お店で取り扱うレーザーやフラッシュ脱毛よりも強力です。 残念ながら、この方法での脱毛はあきらめなければなりません。 クリニックやお店の方でも、アレルギー体質に対する注意はしていますが、やはり自分で危険に近づくことは避けましょう。 パッチテスト程度でも、アナフィラキシーショックは強く出る場合があります。

一番怖いのは喉の粘膜に蕁麻疹などが気管を塞ぐことです。 昨今では食べ物に関する経口免疫療法が少しずつ実施されています。 けれどもこれは周囲に医師や看護師が万全の体制で治療が行われています。 またアレルギーに対する認識を誤っている方もいます。

続けていれば体が慣れていくというのは大間違いです。 ですから慎重にならなければなりません。 日光過敏症の方以外でフラッシュ脱毛やレーザー脱毛を受ける場合は、技術の研修制度があり、医療機関と提携しているサロンを選びましょう。