看護師が病院で勤務する場合の基礎知識

看護師が仕事をする場合に最も多いのが病院です。 夜勤がある病院もありますし日勤だけの病院もあります。 病院の希望や診察科目もさまざまで給与水準も労働条件も大きく違ってきます。

ここでは看護師が病院で勤務する場合の基礎知識をご紹介いたします。 20床以上の入院設備を持った医療機関――これが法律的に病院と呼ばれています。 さまざまな診療科に区分され外来と病棟があります。

看護師免許を取得した場合は、まずは病院に就職するでしょう。 看護師としての知識・経験・技術をつける目的があるからです。 看護師資格を持っている人の70%以上が病院勤務をしているという報告もあります。

病院勤務の場合には看護技術や医療知識を得ることはもちろんですがチームワークが大切です。 医師をはじめ医療スタッフと連携する能力を磨けます。 とても幅広い業務をこなさなければなりませんし診療科目によって業務内容・医療器具も異なります。

では、外来と病棟を簡単にご紹介しておきましょう。 外来は、患者さまが来院されたときに、はじめに診療を受けるところです。 看護師の仕事は、まず「本日の外来の予約状況確認」「円滑に診察できるようにカルテの準備」「昨日の夜間や早朝の急患患者の有無の確認」をします。

実際に診察が開始されると医師のサポートをします。 医師の指示によって適切な看護処置をし同時に患者さまの様子を観察することも大切です。 臨機応変に診察順序を変えたり処置室にご案内して横になっていただく――こういった配慮も要求されます。 午前だけが外来の病院の場合、午後からは看護師会議や看護師勉強会があります。

次は病棟勤務の看護師の仕事内容です。 「採血」「血圧や体温の測定」「洗髪や清拭」「衣類着脱や食事介助」など身の回りのお世話全般のケアをしたり診察がスムーズにできるように治療サポートをします。

病棟の仕事は限りなくありますから看護業務は24時間継続しなければなりません。 そのために勤務体系は交代制が導入されています。 大抵の病院では二交代制や三交代制にシフト勤務になっています。 以上、看護師が病院で勤務する場合の基礎知識をご紹介いたしました。

このページの先頭へ